読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

togatttiのエンジニアメモ

過度な期待はしないでください。旧麹町で働くエンジニアのメモ帳です。

GitLab8.6.1にアップグレードで出たエラーの対処

運用しているGitLab (8.0.2)のバージョンが古かったので、 8.6.1にアップグレードしたところ、エラーが出たのでメモを残す。

環境

  • OS
  • GitLab
    • アップデート前 8.0.2
    • アップデート後 8.6.1

インストールは、

gitlab/gitlab-ce - Packages - packages.gitlab.com | packagecloud

から、Communication Editionのdebパッケージをダウンロードして、dpkg コマンドを実行していた。

# cd /tmp
# wget -O gitlab-ce_8.0.2-ce.0_amd64.deb https://packages.gitlab.com/gitlab/gitlab-ce/packages/ubuntu/trusty/gitlab-ce_8.0.2-ce.0_amd64.deb/download
# dpkg -i gitlab-ce_8.0.2-ce.0_amd64.deb

GitLab8.6.1にアップグレードで、500エラー

production.logを見ると、pg_trgm が足りないよと怒られていた。

GitLab ver 8.6.* からは、pg_trgmというpostgresqlの拡張モジュールの設定が必要なので、

入れてあげればよい。

$ sudo su gitlab-psql
$ /opt/gitlab/embedded/bin/psql --port 5432 -h /var/opt/gitlab/postgresql -d gitlabhq_production
psql (9.2.10)
Type "help" for help.
gitlabhq_production=# create extension pg_trgm with schema pg_catalog;
CREATE EXTENSION
gitlabhq_production=# \q

念のため、GitLabの設定読み込みと再起動

$ sudo gitlab-ctl reconfigure
$ sudo gitlab-ctl restart