読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

togatttiのエンジニアメモ

過度な期待はしないでください。旧麹町で働くエンジニアのメモ帳です。

VagrantとVirtualBoxでUbuntuを構築する手順

VM

MacOS(10.9.1)のローカル環境にVirtualBoxVagrantとChefを使って、仮想のUbuntuを立ち上げる。 また、VirtualBoxVagrantも最新のものに入れ直した。

Rubyは2系を利用している。

$ ruby -v
ruby 2.0.0p247 (2013-06-27 revision 41674) [universal.x86_64-darwin13]

VirtualBox

アンインストール

VirtualBoxをダウンロードしたときの付属のVirtualBox_Uninstallerを使う。 もし無ければ、下記のようにVirtualBoxのバージョンを調べて、再インストールする。

$ virtualbox --help
Oracle VM VirtualBox Manager 4.1.24
(C) 2005-2012 Oracle Corporation
All rights reserved.
(省略)

尚、2014年2月現在4.3.6が最新版となる。

インストール

Downloads – Oracle VM VirtualBox

Vagrant

アンインストール

Uninstalling Vagrant - Vagrant Documentation

On Mac OS X, remove the /Applications/Vagrant directory and the /usr/bin/vagrant file.

に従い、該当のディレクトリを削除する。

もしくは、Vagrantインストーラにuninstall.toolが付属しているので、これを使う。

インストール

Download Vagrant - Vagrant

尚、2014年2月現在1.4.3が最新版となる。

Ubuntu仮想マシン上に立ち上げる

スクリプトを書いたので、実行する。

簡単な補足をすると、vagrant ssh-configの一文を.ssh/configに追記しておけば、 ローカル環境のどの場所からでも、仮想マシンssh接続することができるようになる。

また、最後にapt-getでインストールできるパッケージを最新にしている。

うまくいけば、下記のバージョンを取得することができる。

$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=13.04
DISTRIB_CODENAME=raring
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 13.04"