読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

togatttiのエンジニアメモ

過度な期待はしないでください。旧麹町で働くエンジニアのメモ帳です。

Perlでデバッグ用の出力処理を書いた

デバッグ用ファイルの出力処理を書いた。

Perl5.10で標準ライブラリとして使うことのできるTime::Pieceモジュールで、日時指定などを行っている。

これまで日時指定といえばTime::Localモジュールを使っていたが、Time::Pieceの方が、 明示的に名前を指定できるので、直感で分かりやすいので、こっちを使っていこう。

後、改行文字と改行コードの違いも知らなかった。

とりあえず¥n置けばいいと思ってた。

UnixWindows,Makintoshでそれぞれ違うみたいだし、おいおい勉強していく。

実行する処理

作成したログファイルを出力

$ cat 20140204.log
20140204 16:11:35-Status:success

参考:

文字コードと改行コードについて

第15回 DateTime:APIの標準化をめざして:モダンPerlの世界へようこそ|gihyo.jp … 技術評論